トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スキャルピングEA 【Breeze】

top.gif 



Breezeとは”そよ風”の意で、


安定的に利益を積み上げるスキャルピングEAです。


バックテスト詳細はコチラ

バックテスト詳細(MM)はこちら 


Breezeの勝率は、 


ロング(買い勝率)82,7% ・  ショート(売り勝率)88.5% ・ 平均勝率86%です。


スキャルピングEAとしては物足りないと感じますか?


では、この勝率で安定的に利益を積み上げるロジックを説明します。




b03.gif 



スキャルピングというと、小さな利益を積み上げるイメージですが、


Breezeは時にトレンドに乗って大きく利益を伸ばします。


1トレードの平均利益 = 14ドル

1トレードの最大利益 = 125ドル


利益を伸ばすロジックが機能した場合、最大で125ドルの利益を狙う、


BreezeはスキャルピングEAとして少し異色の存在です。





b02.gif 



2010年1月からのテストで最大ドローダウン628ドル (0.1ロット固定)


Breezeは安定して利益を積み上げるEAと言えます。


バックテストグラフを見ていただいても、大きなドローダウンが発生


していないのが確認できます。




b04.gif 


FXトレードにおいて最も重要な事は損失を限定する事です。


ナンピンやマーチンゲール手法を用い1回の損失だけで


口座破綻してしまうようなEAでは投資といえません。


きっちりストップロスを置いて損失を限定的なものにする必要があります。


Breezeのストップ幅は55pipsです。



バックテスト詳細はコチラ

バックテスト詳細(MM)はこちら





b05.gif 


Breezeの同時最大保有ポジションは最大3ポジションです。


過去に6連敗という記録がありますが、これはセット単位で考えると


2セット分となります。


それに対して最大連勝記録は45連勝です。


このとき15セット全勝しました。




b06.gif 



世界的に見て最も通貨流通量の多いドルとユーロの組み合わせです。


当然ボラビリティも高く安定したトレードを実現します。


チャート時間足はM15です。


1分足・5分足と比較して相場ノイズの影響を受けにくい時間足で


トレードが安定します。




b07.gif 




2010年1月から5年7ヶ月間のテスト、


1,000ドルスタート(ハイパフォーマンス設定)の複利機能を使うと


86,713,500ドルまで資金増加します。



1ドル=100円で計算すると、


10万円が 5年7ヶ月で 8千671万円になりました。


ドローダウンの大きなEAでは実現しない安定したパフォーマンスを


ここでも実感できます。





b08.gif 



FXは自動売買がオススメします。


インジケーターやシグナルを使った裁量(手動)トレードでは


感情のムラが入り正確なトレードの弊害になります。


また、長時間チャートを見ていると集中力が低下して


判断力の低下や拡大解釈を招きます。



トレンドの出ていない相場でも、自動売買ならば


24時間チャートを監視してトレード機会を待ち続け、


冷徹に利益確定・ロスカットを執行してくれます。


パソコンにプログラムを入れるだけで、プロトレーダーの頭脳が


24時間あなたのためだけに働いてくれるのです。





b09.gif 



【セット内容】

・ EA  Breeze

・ 設定マニュアル

・ バージョンアップ無償

・ メールサポート


DLmarketで購入 




b010.gif 



当社で販売中の「EAポートフェリオパック」も同時にご検討下さい。


また、「MT4EAエディタを使って勝てるEAを作る方法」も好評販売中です。




ブログでトレード成績を公開しています。


I am FX Trader = FX自動売買MT4EA専業トレーダー=



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

I am FX Trader

Author:I am FX Trader
投機性の強いFXを出来る限り投資にする

その唯一の方法論として

FX自動売買を選択しています。

元外資系ファンドトレーダー

現在FX専業です。

アクセスランキング

最新記事

スキャルEA New Breeze V5

スキャルEA New Breeze V3

最新コメント

カテゴリ

FX専業投資家■注目記事

月別アーカイブ

検索フォーム

タグクラウド

RSSリンクの表示

アクセスカウンター